◆◇有害金属とその自覚症状◇◆

身体に重金属がたまると、全身倦怠や、アレルギー、動脈硬化等、様々な不調があらわれます。

特に原発事故以来、日本の土壌汚染、海洋汚染の問題は深刻で、食べ物(特に魚)から摂取する重金属は無視できません。

重金属を体内に溜めたまま放置すると、免疫システムへも作用し、関節痛やリウマチ等重篤な病気を発症する可能性もあります。

重金属の解毒方法は、最新なものですと、「キレーション治療」があります。しかし「キレーション治療」は日本ではまだほとんど普及しておらず、安全面も確証がなく、何より非常に高額なのでほとんどの人々にとって現実的な療法ではありません。

一方手軽なものだと、食事やサプリメント療法がありますが、脂肪酸にくっついた重金属に対しては、当サロンの推奨するような低温遠赤外線サウナもしくは、30kmマラソンくらいしかない状況です。
重金属による詳しい症状はPDFをご参照ください。

 

有害重金属とその自覚症状
重金属.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 309.7 KB